忍者ブログ
FX投資最新情報をレポートします
Posted by - 2017.12.11,Mon
FX投資の必勝法

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2008.04.09,Wed
FX投資の必勝法



松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




今月も初めから損きりについてはたくさん取上げていますが、
相場の上昇や下落の形を作る要因にも損きりができない人が
大きく関与している事についてお伝えしたいと思います。



どういう事かと言うと損きりができない人が急落や急騰を
つくってしまっているという事です。




もちろんそれだけが原因ではないですが、損切りができない
人が我慢の限界に来ると相場全体が悲観一色になり、一斉に
決済注文が入ります。



そうすると、一方向に向かって急落または急騰が
起きてしまうのです。



そして、激しい急落が終わった後には、やがて相場には
楽観が現れて相場が回復し始めます。



そして、今度は楽観が行き過ぎて上昇、上昇が加熱してきて
超楽観になってくると、超楽観の中に悲観が生まれ始めて、
暴落するのです。


楽観⇒超楽観⇒悲観⇒超悲観⇒楽観

という事が相場では繰り返されています。



損切りができない人というのは、相場の中にある楽観と
悲観に振り回されて、流れの一つになってしまうのです。



そういう集団心理を相場の中に意識して、売買をして
いかなければいけません。



今は、楽観なのか悲観なのか?


加熱しすぎていないか?


冷やしすぎていないか?



いつも損きりをしましょうと言うのは、損きりを
しない人は暴落や暴騰が起きた中ではいつも資金を
失っているからです。


そして暴落、暴騰が相場の中にいつも存在している
と言う事は損きりを入れない人はいつも損をしている
という事の証明でもあるのです。



損きりをしましょう。

そして集団心理を理解して、その中で利益を上げましょう。



相場が加熱して、冷えていくのには一定の周期があります。
その周期は、為替相場だけじゃなく、株の相場でも商品の
相場でも定期的に規則的にあわられます。

その周期を理解して投資をするのが“サイクル理論”です。



すべての相場で、ある程度の誤差があるものの同じ様に
悲観と楽観が繰り返されているのは、株であれ、為替であれ、
商品であれ、参加者がいつも人だからです。



参加者が人である限り、そこには集団心理が発生して
周期的に悲観と楽観を繰り返していきます。



あなたがしっかりと損切りができるようになったとしても、
相場参加者のほとんどは損切りをしません。



そこに利益を上げる最大の“違い”ができます。


相場に振り回されるのか?

相場の中でしっかりとコントロールしていくのか?


相場に振り回されずに、集団心理の動きを理解して、
利益を上げていくためにサイクル理論を知りたい人は
こちらからDVDをご覧下さい。

松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




松下誠


PS
今の円相場は超悲観から生まれた楽観でここから
超楽観に向けて上昇するのか?

それとも一時的な調整に過ぎず下落を続けるのか?
判断するための理論と、セーフティーネット(損きり)
を持ちましょう。

それらがあれば投資の世界で利益を上げていけます。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)



PR
FX情報メルマガ
スポンサードリンク
FX投資の必勝法

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

(02/20)
(02/19)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
ブログ内検索
優良情報
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]