忍者ブログ
FX投資最新情報をレポートします
Posted by - 2017.10.20,Fri
FX投資の必勝法

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2008.04.18,Fri
FX投資の必勝法



松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)



レポートを購読して頂いてる会員さんで、
つらく大変な投資をしていた人が、しんどい投資の
ステージを抜けて利益を上げて、一戸建てまで
購入されたそうです。


きっと同じつらい思いをしている人にとっては、
感じるものがあると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FXウィークリーレポートに出会う前は毎日、毎日含み
損を眺めて、仕事中は携帯電話でポジションを確認し、
自宅では家族と過ごす時間も考えずパソコンに張り付き、
深夜に重要指標があればずっとチャート・レートとにら
めっこしていました。

夜寝ているときも、気になって携帯電話で1時間おきに
確認していました。 本当に身も心もボロボロ、家族も
資産もすべて失うところでした。 家族を幸せにしようと
思ってはじめたFXが崩壊寸前までいっていたのでこれから
は人生のアップトレンドに乗れそうです。

ウィークリーレポートのおかげで家族とゆっくり過ごす
時間と、熟睡する時間が持てました。 田舎ながら土地を
購入し一戸建を建てることも可能になりました。
アップトレンドもダウントレンドも両方取っていけるので
どんな時代も乗り越えていけそうです。
本当にウィークリーレポートに出会えてよかったです。
ウィークリーレポートに出会った自分を褒めてあげたいです。

田中純一さん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

田中さん、感想ありがとうございます。



一戸建てを買えるぐらいの利益を出されているという
事ですから、相当家わったんだと思います。


何よりも、1時間おきに目覚めて価格を確認される
大変な投資をしていた事から開放されたのは本当に
良かったですね。


そんな事をずっと続けていたら体も壊してしまいます。



もし同じ様な投資をしているとしたら、それは今すぐ
やめた方がいいです。寝ている間も1時間おきに、
価格をチェックしないといけない投資は、すでに1人で
やる投資ではないですし、価格をチェックしたとしても、
正常な判断が出来ないので、その投資の先には、利益は
ないでしょう。


1時間おきに価格をチェックしなくても利益が上がる
投資法を築き上げればいいのです。


求めれば必ず手に入ります。
探せば必ず手に入ります。


だから探してください。
見つけてください。


田中さんは見つけて身につける事ができたようです。
そして身につけた事で、土地を購入して一戸建てまで
得られることとなりました。



損切りをしっかりと使いこなせれば、
1日1回のチェックだけでも十分利益を上げる
事は可能です。



第一、第三水曜日に、会員さん向けに開催している
電話コーチングセミナーでも話したのですが、相場上
に見るべき重要なポイントがいくつかあります。



そのポイントを見て、自分の行動を決めて損切りを
設定すれば、後はほっておけばいいのです。



ダメなら損切りされますし、設定どおりに行けば、
グングン利益は伸びていきます。


楽だし、疲れないし、精神的にもしんどくありません。
いつも損失は一定以上出ませんし、利益が伸びるときは
どこまでだって伸びていきます。



ずっと利益を上げていた人がある日、たった
1回の損失で全てをなくすように、


ずっと損きりだった人がある日たった1回の
利益で全てを取り戻してしまうのです。



それがトレンドの力であり、投資で儲ける事は
その潜在能力を生かす事なのです。

損は一定、利益は最大化

損小利大の投資がそこにあります。



田中さんと同じように、楽な投資を身につけて、
自分の夢まで実現させてください。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




松下誠


PS
相場は今、流れが変わりつつあります。
いくつかの通貨は節目を越えてきて、面白い展開
をしています。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)



PR
FX情報メルマガ
スポンサードリンク
FX投資の必勝法

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

(02/20)
(02/19)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
ブログ内検索
優良情報
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]