忍者ブログ
FX投資最新情報をレポートします
Posted by - 2017.11.25,Sat
FX投資の必勝法

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2009.02.04,Wed
FX投資の必勝法


投資であれビジネスであれ何であれ、成功したければ
成功者のマネをしろ!という事はよく言われています。



そしてそういう流れからも、


“成功哲学”について書かれた
書籍、CD、DVDもたくさんあります。



恐らく投資で成功しようと日々実践されている中西 智美さんも
1度はそういう本を読んだことがあると思います。



私自身も好きでよく読んだりします。



投資の世界にも、成功者の投資法はたくさん出ていますので、
【成功したければ成功者のマネをしろ!】の原則に立てば
成功するのであれば、その投資法をマネすれば、そのまま
すぐに成功できることになります。


それでも実際は、そう簡単には行きません。



なぜだと思いますか?


そもそも人の真似では成功出来ない
という事でしょうか?



そうでありません。

少なくとも私は成功者の真似をする事は
成功への最短距離だと思っています。




成功者の真似をしているのに、なかなか成功できないのは、
多くの場合、方法とか表面的な部分しか真似ようとしていなくて、
その根底にある発想とか考え方(内面的な部分)までは真似
出来ていないからだと思います。



なぜ、そういう事が言えるのかというと、
それはこれまでに投資で成功していく方々、逆に成功できずに
止めていかれる方々をたくさん見て来た中で、成功者にはやはり
共通点が見られるからです。



そしてその共通点は投資以外の例えばビジネスの世界で
成功している方々にも共通していると思うところがたくさん
あるからです。



例えば、成功者は、その自分が成功しようと思う分野の
セミナーを何回も聞きに行ったり、別の方のセミナーなんかも
聞いたりしますし、その分野の書籍もたくさん読んでいます。



CDやDVDの教材なんかも何回も何回も
繰り返し見たり聞いたりもしています。


いつも同じ内容なのにです。



そして、これは使えるとか、これも使えるといったように
プラスの部分にいつも焦点が当たっているんです。


知っている事が出てきたとしても、やはりこれは大事だ!
という気持ちでよりその事実を色濃く残します。



そして成功しても、その後もずっと学びを
止める事はありません。



でもなかなか成功できない人の口癖、行動は違います。



これは使えない、アレは使えない、これは前に
別のセミナーで聞いた、この方法は自分には合わない、
今回のセミナーで得られるモノは何もなかった、、、


といった感じです。



DVDやCDや書籍なんかも1度聞いたり見ただけで、
二度見る事はほとんどありません。



そして、
“同じ方法をやっているのに利益が上がらない”


もしくは、

“この人の言う方法は自分に合わない”



もしくは、

“自分には成功なんてやっぱりムリな話だったんだ”



と言っていつしか学ぶ事を止めてしまったり、他の方法、
他の成功者の方法を捜し求めるようになります。



それでは残念ながらいつまで経っても成功する
ことはできません。


なぜならそれは方法が悪いのではなくて、
考え方、受け止め方、取り組み方が悪いからです。



投資の世界の話に限って言えば、どんな投資法、
どんな投資理論を使ったとしても、利益が上がる時期も
あれば、損が出る時期もあります。



それを資産曲線が下方向に傾いた時に毎回止めてしまって
いては、その先にある利益の時間を得ることはできませんし、
いつまで経ってもその投資法の本当の使い方を理解する事は
出来ません。


“成功者を真似る”



とても素晴らしいことだと思います。
ただそのときに、考え方、受け止め方、行動の仕方といった
深い部分までしっかりと理解して真似ましょう。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。






PR
FX情報メルマガ
スポンサードリンク
FX投資の必勝法

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

(02/20)
(02/19)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
ブログ内検索
優良情報
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]