忍者ブログ
FX投資最新情報をレポートします
Posted by - 2017.09.20,Wed
FX投資の必勝法

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2008.11.10,Mon
FX投資の必勝法

週末からそんな前兆はありましたが、今日
対円通貨のすべてが上昇スタートです。

このまま高値を切り上げていくと流れが上昇に
傾いてくる可能性があります。

高値切り上げに注目していきましょう。



おはようございます
松下です。



もし自分のトレードルールで買いのサインが
出ている時に、ニュースや新聞で下落っぽい事を
言われていたとしたらどうしますか?


自分のトレードルールを優先するか?

それともニュースで言われていることを
尊重して、ニュースに従うか?



今みたいな相場だと、実際にそういう場面に
出くわす事も多々あると思います。

「まだまだ下落に注意です・・・」

「でも俺の投資法では上昇するサインが出ている・・・」



ここは、ちょっとした分かれ道になってきます。


振り回されそうになった時に、少し考えてみて
欲しいんですけど、メディアが出している情報は
投資で勝つための情報ですか?


それとも、一般の人が感じている恐怖感とか高揚感
とか集団心理そのものじゃないですか?


「ニューヨークダウ下落止まらず!絶望的・・・」

「上院で金融安定化法案可決されるも下落止まらず!
もう打つ手なし?」

「今後、実態経済にも影響が?」


悲観相場の時はこんな感じですか?




逆に上昇の時は、


「ユーロ、160円突破!まだまだ伸びる可能性高い!」

「ユーロ、170円目前、米国に変わるほどの勢いか?」




こういう記事が実際ほとんどじゃないですか?
もちろんこれらの記事から、意見と事実の違いを
きっちりと認識して、投資に活用できる情報だけを
ピックアップする事が出来る人にとっては、重要な
判断材料の1つにも出来ると思います。



でも、普段の投資ではニュースとか全然活用しない
売買ルールを使っているのに、相場が混乱しているや
報道が激しい時には、いつもの自分の投資を捨てて
ニュースの言いなりになっていては利益は安定しません。



それは結局、相場が安定している時には、自分の投資が
できるけども、相場が荒れてくると集団心理に飲み込まれて
しまうという事を意味しているからです。



自分の投資に確信をもった人なら、ニュースなんか
完全無視でいつも自分の投資を貫きます。


もちろん時に、ニュースが正しく自分の投資で損を
することもあります。


自分の投資に確信を持っている人は、それでも
OKだと思っています。


それは自分の投資を貫いていれば、一時的に損失を
出したとしても、確実に取り戻せる、巻き返せると
言うことを確信しているからです。



それはテクニックの部分ではなくて、むしろ
自分自身のメンタルの部分の確信です。



そういう自信は投資理論を“自分の投資”“自分のモノ”
にできていなければ沸き起こりません。



ニュースを活用する投資なのか、それとも
ニュースを活用しない投資なのか?


それを決める。



活用しない投資ならば、活用しないと決めて、
“ニュースを活用しない自分の投資”で利益を上げら
れる“確信”が生まれるまでその投資法について
深い理解を持つ。



どういう時には機能して、どういう時には
機能しなくなる投資なのか?


機能しないときには、何か補完するモノはあるのか?
何回までは損切りを許容しなければいけないのか?


その投資法の場合、どういう利益が生まれるのか?
短期?それとも中長期?


1回の平均利益は、何回分の損失を許容できる?




確信を持てるようになれば、それはあなたに
たくさんのお金を運んでくる“資産”になります。



まずはご自身の“資産”を作ってください。
資産は資本(お金)をつくり、あなたを裕福にしてくれます。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。






PR
FX情報メルマガ
スポンサードリンク
FX投資の必勝法

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

(02/20)
(02/19)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
ブログ内検索
優良情報
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]